2017年10月9日月曜日

引退しました

上覧の仕様変更によって、決してかなわないはずのゲーム内最終目標である「上覧優勝」を容易に達成してしまいました。これをゲームクリアと考え、引退いたします。



















本当は、倉庫を溢れさせてしまったため、GAME OVERの文字が出て、続きが出来なくなってしまいました。どこを押しても画面が動きません。

残念です。



なお、本当の引退の理由は、①カメラ位置が壁の中等に入ったときの処理がとにかく嫌い。嫌い嫌い嫌い! もう我慢できない! 透視でいいじゃん!! ②月額有料ゲーなのに成長要素まわりにも課金が必要な意味がどうしてもわからない。③激情の謡のせいで能楽がつまらなくなった。④天翼召喚のせいで召喚が大味でつまらなくなった。⑤21時~23時の時間帯を避けて上覧を開催する感覚の持ち主に対して客として金を払いたくない。の5つをはじめとする数々の不満の蓄積によるもの、という説がありますが、真相は不明です。




お世話になりました。





ん???

2016年4月1日金曜日

大名物探索依頼 猫の機械

久々に大名物探索依頼に行ってきました。今回行ってきたのは「猫の機械」という依頼です。なかなか強いボスでした。



ではいつもの通りで、まずは見た技能から。







































あとはメモを書き写しておきます。


1が回復役。どら焼き喰いは自分に回復量増加の特殊状態を付ける技能です。ヒラリマントは攻撃などをいっさいくらわない状態に自分をします。3ターンぐらいで消えますが、準備中のs等も当たらなくなる極悪な強さなので、1は早めに倒した方がいいと思います。

2は鉄砲鍛冶です。瞬間睡眠は自分の生気を単体回復です。号泣はこれを使うと1のドラえもんのバーが順番抜かしで号泣バーの直後ろまで駆け寄ってきます。最初見たときは笑いました。1が死んでいるときにどうなるかは見なかったのでわかりません。早撃ち百発百中は全体攻撃。結構痛いです。ギャラクシーはあやとりをして全体魅了です。個人的にはこの技能のモーションは、世界のゲーム史上もっとも美しい画面の一つだと思います。

3が盾ですな。心の友よは警護一新みたいな技能なのですが、守護発動の回数がどうやら無限のようです(詳細は不明)。ジャイアンリサイタルは全体攻撃+全体毒+確率痺れ+確率で使用中のパソコンが壊れます(モニターが割れるらしいです)。お前の物は俺の物は写身みたいな技能なのですが、付与だけではなくどうやら呪詛も結界も絶縁も特殊状態も何でも奪うようです。

4は召喚タイプの陰陽師です。筆者はママ召喚しか見ませんでしたので、他の式神を呼ぶかどうかはわかりません。ママは主に現金を投げつけて攻撃してきます。自慢は全体を気合減少状態にしてきます。

5はまさかの忍者。入浴は自分に4色付与です。のび太さんのエッチは敵の2ののび太に何かをする技能かと思ったら全然違いまして、全体攻撃でした。浴槽の水をかけてくる、氷遁の術を強くしたような技能です。

6が詠唱持ちですね。メロンパン喰いは自分に緑付与。時空間チューリップ号は全員でタイムマシンに乗って、何と開戦時までタイムスリップしてしまいます。これを使われると初めからやり直しになるので、永遠に戦闘が終わりません。したがって、この6から倒すのがいいと思います。こんな技能を入れるなんて頭がおかしいです。



倒す順番は6→1がいいと思います。




去年は信じる人が出てご迷惑をお掛けしたので、今年はしょうもないけどこれでいいだろw

2015年11月28日土曜日

傾奇の名馬 大名物探索依頼

久しぶりに探索依頼に行ってきました。


この依頼は、ボス戦を迎えるまでに先ずやらなければならないことがあります。

制限時間以内に雑魚2戦を終えてボスに話しかける」というのがそれです。

雑魚は、2戦とも3体の敵で、道なりに進んでいくといます。強くありませんが、全然痛くないということもないようです。

ボス戦を迎えるまでの注意点はこんな感じ。

1、みんな準備OKになるまでは、誰も入り口近くのNPC(前田犬千代)に話しかけてはならない(タイマーがスタートしてしまうため)。
2、行進曲を持っている職の人はそれをかけて、徒党全体の足を速くしておく。ポンポンポン。
3、スタートしたら、とにかく徒党全員無駄な動きを無くす。

こんな感じですかね。雑魚Nを叩く人は、カーソルの対象をNPC限定に切り替えておくのもいいかもしれません。

なお、開幕1人だけ走ればいいように、党首か誰か1人だけスタート地点のNPCのそばにいて、他の6人は1戦目雑魚の近くにあらかじめスタンバイしておく、という作戦はできません。スタート地点のNのそばに全員集合した状態でないと、タイマーがスタートしないのです。



こんなメッセージが出て始まりません。




というわけで、ボス前は、とにかく無駄なく走り無駄なく倒す、ということに尽きます。一度3戦目に突入できさえすれば、あとは、もしも絶滅してもそのボスからやり直せます。「急げ急げゲーム」は免除になります。よって、ギリギリの場合は、徒党が割れることを覚悟で誰でもいいから最初に着いた人が慶次を叩く、というのがいいと思います。割れていたら、死んでからやりなおせばいいと思います。ボスが結構強いということで回復2などの構成にすると、このボス前の壊滅速度が確保できなくて苦戦するかもしれませんのでご注意下さい。

なお1戦目の後と2戦目の後は、陸海空やイザクエなど色々なところにあるあの結界を越える感じで、Nに話しかけて柵の向こうに移動することになります。いちおう知っておいたほうがいいでしょう。


というわけで、ボスです。



いつものとおりで、先ずは、見た技能をバーの長さとともにお届け。


1はという技能が怖いです。全体3000前後+3体魅了です。それ以外はとりあえず単体殴りしか見ませんでしたが、筆者が見ていないだけかもしれないのでお気をつけ下さい。

2がkp持ち。詠唱役は、基本こいつの見えるところで動くことになるでしょう。

3は鍛冶。殴ったり釣ったりしてきます。殴り多めかも。

4はちょっと修験っぽい回復。盾が天狗くらったら、すぐ対処しないとマズイかもしれません。

5は禁呪とかしてきてちょっと仙論っぽい陰陽師。敵のメインアタ。

6は大音響持ちの神職ですが、それだけで単純に雅楽っぽいとも言えないのは、結構矢が痛いw 開幕は絶対に大音響のようです。